追加融資について

消費者金融が行っているカードローンサービスでは、定期的に追加融資の案内があります。即時・即日融資を受けたあと、追加融資を受ける場合には、以下の点を覚えておきましょう。

給料明細まず、融資額の変更についてです。毎月滞りなく返済を行う事で、金融会社からの信用を得られます。これにより、融資額にも変動が起き、ホームページや電話から追加融資の案内を受けることができます。金額については属性状況によってまちまちですが、初めて消費者金融を利用した、というかたであれば、最初の利用額と同額の追加融資を受けられることが多く見られます。
また、勤務先が変わったもしくは収入が変わった、といった場合、再審査を受けることで融資額を変更する事が可能です。この場合、収入証明書の提出が必要となるため、近況2カ月分の給与明細といった書類の準備を行っておきましょう。

ただし、他の消費者金融での借入れが増えている場合、すぐに追加融資が受けられるわけではありません。これは、収入の3分の1までしか借りられない、という総量規制があるためです。また、追加融資の案内を受けたとしても、あくまでお金を借りる、つまり返済も行う必要がある、という認識は忘れずに利用しましょう。

気をつけておきたい注意点

便利な即日融資サービスですが、利用前に気をつけておきたい点があります。まず一つ挙げられるのが、申し込みの時間です。深夜など、営業時間外での申し込みでは即時融資が出来ない場合があります。また、GWやお盆といった利用者の増えるシーズンは、審査までの時間が長くなり、融資の利用まで数日かかることもあるので注意しましょう。

ATM街金と呼ばれる中小金融会社では、審査が遅れてしまうケースも少なくありません。こういった会社は、金利や審査の基準が甘いといったメリットがありますが、すぐに融資を受けたいという人にとってはやや不向きな部分があります。心と懐に余裕がある時など、利用を検討してみるとよいでしょう。

また、大手金融会社の中にある同じグループ会社であっても、即日融資を行っていない場合があります。これは管理や保証会社が異なるためです。これまで即日で融資を受けられたものの、会社の合併などでサービス内容が変更となるケースもあるため、申し込み前にはしっかりとチェックしておきましょう。また、インターネットからの申し込み時、近くに専用ATMが無い場合、カードが届くまで利用できないケースもあります。うっかりミスを防ぐためにも、本審査の結果を聞いた際には、近隣のどこにATMがあるのかも聞いておきましょう。

即時・即日融資とは

即時・即日融資とは、大手金融会社の多くが行っているサービスです。その名の通り、申し込みからすぐに融資が受けられるため、余計な時間もかかりません。待ち時間がいやだという方や、仕事の休憩時間にさっと審査を受けたい、という場合に便利でしょう。

一口にカードローンといっても、会社によって審査の時間はまちまちです。特に週末・週明けともなると申し込む人の数も多くなり、即日では結果が出ないことも少なくありません。そんな中であっても、即時・即日融資の金融会社であれば、通常よりも早く申し込みが行えるでしょう。

スマホ広告や企業のホームページなどでは、即時・即日融資を前面に打ち出している場合があります。専用の申し込みフォームが併設されており、インターネットからの申し込みが分からない、という人でも安心です。また、申し込みをネットから行い、無人契約機で本審査を行うことで、カード受取と融資をその場で受けることができます
これまで消費者金融を利用したことがなかった、という人も、すぐに審査や融資を受けることができる即日サービス。イベントやパーティー、さらには忘年会や新年会など、お金が急に必要となったとき、強い味方になることでしょう。

消費者金融を選ぶときのポイント

お財布消費者金融に申し込む際、大切なのが会社選びです。お金を借りるときだけではなく、返すときに苦労しないよう、自分にあったところを選びましょう。
例えば、窓口がある消費者金融というのが一つ挙げられます。無人契約機だけでは分からない点を、窓口で会話しながら確認できるので、初めてキャッシングを利用するかたでも安心です。また、地方にある地域密着型の金融会社では、対面での申し込みのみ、といった営業が行われています。会社の数は少ないものの、信用取引で審査がやや甘めというのが特徴です。このパターンはレアといえますが、自己破産などでブラックリストに載っている、といった場合であっても、審査が通るケースもあるため、非常に貴重な存在ともいえるでしょう。

また、WEBで申し込みから融資まで全て行える消費者金融、というのも近年増えています。無人契約機まで出向く時間がない、もしくはすぐに融資を受けたい、といった場合でも便利です。大手金融会社では、収入状況や他での借入状況などを入力するだけで、すぐに結果が出るクイック審査などもあります。本審査とは若干基準は異なるもののひとつの物差しとして、申し込み前に一度利用してみるとよいでしょう。

消費者金融と一口にいっても、審査基準やサービス内容はさまざまです。広告などで見かける大手金融会社だけではなく、利便性の点から視野を広げてみてはいかがでしょう。特に長い目で利用を検討しているかたは要注目です。